相性占いはプロの占い師へ依頼する

カテゴリー

新しい記事

senjyutu

職業

占い師とは、相談者が抱えている様々な悩みの相談に乗った…続きを読む

card

適切

世の中に占いは数え切れないほどの種類が存在しています。…続きを読む

日常

ataru

普段の生活の至る所に占いは存在しています。
テレビ、雑誌、ネット、非常に身近な存在となっているこの占いですが、元々の起源は日本ではありません。

1番始めに占いを日本に持ち込んだのは、中国だと言われています。
およそではありますが、弥生時代あたりに中国より伝わった太占(フトマニ)と呼ばれる物が、日本で最初に出来た占いだと言われています。

現在では、占い師が占いを行うのに水晶やタロットカード等様々な道具を利用していますが、当時弥生時代には存在していませんから、動物の骨を利用して占いを行っていました。
今でこそ、占い師が行う物は相性占いや、恋愛の話、人生相談と言うように、悩み事を解消する為に利用する事が多いですが、弥生時代の占いはそうではありません。
当時は占いで政治や経済の事を決めたり、「どこの国とどう争うのか」等の重要な事を決めていました。
現代の占術とは、おまじないやカウンセリング的な要素が強い物です。
しかし、弥生時代では信憑性の高い重要な事として、国の中心で利用されていたのです。

uranaisi

テレビ等で良く見かける物や、占い師が行っている物を見るとわかるように、相性占いや恋愛相談、性格診断等が多いです。
生年月日、血液型、手相、星座、と言うように、人間が生まれた時点で元々持っている物を利用して行う事が多くなっています。

これらの占いが出来るのは、四柱推命や西洋占星術、ホロスコープと言うような占術の基礎となる部分があるからです。
しかし、弥生時代にはこれらの概念は存在していません。
ですから、当時は動物の骨を焼き、それを砕いた時のあり方で占い師が相性や国政を占っていたと伝えられています。

進化

相性、血液型、水晶、タロットと言うように、日本にも多彩な占術が存在しています。
動物の骨を砕いていた頃から、現代のように占術が多様化してきたのは、平安時代になってからです。

平安時代になると、これまでの太占だけでなく、筮竹、算木と言うような占術方法が生み出され、日本独自の文化が成長して行く事となったのです。
筮竹は竹ひごをたばねたような道具を利用して行う方法で、算木は特殊な積み木のような物を組みわせて行う占いです。
現代でも馴染み深い水晶や九星等の占術は鎌倉時代になってから登場ました。
このあたりの時代で占術の礎は大成したと言えるでしょう。


OUT LINK

東京で当たる占いをしませんか?:祈優

注目記事

senjyutu

占い師とは、相談者が抱えている様々な悩みの相談に乗ったり、解決する手助けをする為にある物です。これはスピリチュアルな物を利用して行…続きを読む

ニュース

2013/10/15
職業を更新しました
2013/10/15
適切を更新しました
2014/03/31
カードを更新しました

Copyright (C) 2014 相性占いはプロの占い師へ依頼する All Rights Reserved.